「ブルートフォースアタック」カテゴリーアーカイブ

WordPressへのブルートフォースアタックは小康状態に

8月に入り、
Wordpressへのブルートフォースアタックが減少してきました。

世界中が夏休みの時期ですので、
ボットを仕掛けて、お休みの攻撃者も多いことでしょう。

ぜひぜひストレスを発散させて、
ネットの中身不満をぶつけないようにして欲しいものです。

最近は、
管理人へ送付するよう設定している site Lockoutメールの件数も
激減しました。

油断するとまた大量に攻め込まれるかもしれませんが、
特に中国からの攻撃がへったのはホットします。

今年は、4月後半から、
wordpressを利用しているサイトへの攻撃が活発化し、
5月、6月はとても賑わったのですが、
付加価値のない無駄な時間を費やしてしまったわけです。

今は、暑さも厳しいので、
海や山など、ネットのない場所で、
エネルギーを発散して欲しいものです。

でも、秋口になると、
また稼ぎに戻ってくるのかもしれません。

なにしろお目当ては、
ID、パスワード、ついでに銀行口座やクレジットカードなどの
情報をさがしているのでしょうから。

残高がないからと安心もできません。
しかし、
これまでのところ、
アカウント情報を盗み出す手口は、
意外と単純でした。

攻撃があまりにも単調だということは、
何かの下調べかもしれませんね。

これから少しずつレベルアップして
責めてくるのでしょう。

なにしろ、
ハッキングは戦闘技術のひとつですから。

ネット上に公開しているサイトは、
どのような言語やサーバーを利用しているかに関係なく、
隙あらば、
と攻め込まれるわけです。

当方の管理サイトのログでは、
admin
のIDを執拗に攻め込んできます。

もっと他の手はないのか、
と期待すると
総攻撃を受けるとやはり、
耐久力にも限界はあるでしょうし、
そもそもサーバーへの負荷は尋常ではないわけです。

私のサイトも、
当初は、いろいろログを眺めていましたが、
6月以降は、
常習犯はアクセス拒否を設定したので、
大分静かになりました。

それでも、
新規参入の多い分野のようです。
最近は、別の国からのお客さまが増えているようです。

複数のチェック手段を講じておくほうが安心です。