「ウイルスの侵入経路」カテゴリーアーカイブ

ウイルスの侵入経路 接触感染

人に感染するウイルスは、
空気感染と接触感染、
この2つの感染経路で、
人から人へと感染範囲を広げていきます。

感染しただけでは、
ただちに発病するわけではありません。
一定の潜伏期間が必要であったり、
感染しても、免疫が強くて、
発病しない場合も多いようです。

しかし、
抵抗力の弱い、病弱な方、乳幼児、高齢者は、
感染しただけで、発病してしまうリスクがありますね。

コンピュータウイルスは、
この人に感染するウイルスとよく似ています。

人に感染するウイルスは、
1.感染は容易
2.感染したからと言って発病するわけではない(保菌状態)
3.発病は、保菌者の体力など環境によって異なる
   (体力のある人、免疫のある人は発病しない)

では、コンピュータウイルスは、
1.ウイルスプログラムの伝播は、
  迷惑メールやメール添付ファイルで容易に送りつけられる

2.ウイルスを受信したからと言って、発病するわけではない(受信状態)
  感染させるためのリンクや、添付ファイルを開かない限り、感染しない

3.ウイルスの発病は、パソコン利用者のウイルス対策への注意や
  セキュリティホールの発生状況によって異なる。
  例えば、
  適切にウイルス対策を実施、発見したウイルスをタイムリーに駆除している人は発病しない。
  また、事前にトレーニングしている人は、ウイルスを発見してもあわてない。

このように、予防対策と事前の訓練が大事です。

ここまでは、多くの人が知っている、分かっていることなのに、
感染する人が出てきます。

その原因はどこにあるのでしょうか。

1.不注意やあわててミスを増幅
  作業ミスは慣れていないこと、確認漏れ、
  重大さを知らない状態で進行します。

2.ウイルス自体が巧妙化 (接触型の感染)
  特定サイトにアクセスしただけで感染、発病するタイプの強烈なウイルス
  (電車内でせき込んだ人のウイルスが手すりやつり革に付着しているものを、
   直接、接触して保菌してしまい、体内への侵入を速めてしまう)

3.攻撃型のウイルス(標的にされたら負けてしまいます)
   高度な知識や装備、設備を持っていても、
   相手が武器を持って攻め込んだら、テロリストだったら、勝ち目は少ないでしょう。

この中の、2と3のタイプ、
 接触型感染とサイバーテロリストによる攻撃には、
 ほとんどの人、専門家であっても防御することは難しいのが実情です。

このような、
毎日のセキュリティ対策を実践する必要のある時代になってしまったのです。

玄関や窓、開けっ放しで過ごせた、
安全な時代が懐かしいですね。

国際化、インターネットの利用は、
安全神話を見事に打ち砕いています。

ウイルスの侵入経路

ウイルス対策はちゃんとやっているのに、
いったい、どこから、
ウイルスは侵入するのでしょう。

人の体に侵入する病原菌ウイルス
と比較するとよくわかります。

病原菌ウイルスの感染で
もっとも多いのが、
空気感染でしょう。

混雑した場所や、電車のなかで、
悪性の咳
をしている人を見かけますね。

これからの季節、要注意です。

くしゃみとは違います。

電車内と駅のホームは、
かなりの温度差があります。

電車が駅に止まるたびに、ドアが開きます。

すると、
冷たい空気が電車内に入ってきて、
体に反動するよう促します。

鼻のセンサーが反応して、
用心しろ、
「冷たい外気が攻めてくる」
とメッセージを送るのが、
くしゃみでしょう。

悪性の咳は、
保菌者の体内に、
十分な培養がすすんだ頃に、
新天地を求めて飛び出します。

空気を通じて、
次の栄養入手先を探して、
駆け回るわけです。

この姿が、迷惑メールとよく似ています。

コンピュータウイルスは、
迷惑メールや通常のメールのリンク先
メールに添付されたファイルに潜んでいるわけです。

メールを配信する業者が、
依頼を受けたメールを大量に配信する。

携帯電話が普及する前の、
公衆電話ボックスを覚えていますか。

マンションやアパートに、
管理人が不在の時を狙って、
チラシを配布する人を見かけませんか。

駅の一角で、
読まれもしないチラシを配布する、
バイトの人を見かけませんか。

配布する人は、
時間当たり、
枚数当たりの配布業務を、
仕事として請け負っているので、
内容には関係ないと主張するでしょう。

でも、
明らかに、迷惑行為に加担しているわけです。

時代も変わったんで、
情報が欲しい時には、
自分で必要な情報を探せる時代になりました。

効果のあるチラシや、広告の役割も見直しの時期がきていますね。