ネットバンキング攻撃ウイルス

ネットバンキング利用者をターゲットに、
不正にID、パスワードを入力させる画面を表示させ、
取得したID、パスワードを使って、預金残高を振替送金させるウイルス
が特定されたようです。

早めに発見できれば、
送金先の口座で、現金が払い出しされるまえに、
凍結できるかも知れません。

このような犯罪に使われる口座は、
例によって、
不正に使用されている場合が多いですね。

他人名義、
休眠口座、
第三者を偽装して開設された口座など。

ネットバンキングサービスを利用している方、
画面に誘導されて、いつもと違うID入力画面に覚えのある方、
預金残高が、管理できないほどたくさんたまっている方、
早めに、
覚えのない引き去りがないか、
確認することが大事です。

ネットバンキング攻撃ウイルスが潜んでいるかもしれない、
ということは、
これから勝手に送金処理をする可能性もあるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です