自衛対策の基本

パソコン利用の基本、
ウイルスに感染しないための基本を着実に実施すること、
これが感染予防するための基本ですが、
次の3つのポイント、
 1.パソコンOSのバージョンは最新の状態か
 2.パソコン用ウイルス対策ソフト、ウイルス定義ファイルは最新状態か
 3.ハードディスク、利用する記憶媒体の全体を定期チェックしているか
どのくらい実施できていますか。

この基本的な点検を
1.職場の管理下にある業務用のパソコン
2.自分で管理する個人の私用パソコン
に対して、対策状況を確認、もれていれば実施しておくことが、
自衛手段です。

難しい対策の前に、まず、基本動作をしっかり確認していきましょう。
基本動作を怠ると、
あなたのパソコンがウイルスの保菌庫になっている可能性も出てきます。

トロイの木馬型ウイルスに感染してしまうと、
X-day の指示を待って、着々と内部情報を収集中かもしれません。

あなたの知らない間に。

1.あなたのパソコンの中にある情報には、
  業務上、ダウンロードした仕事のファイルが保管されていませんか。

この情報が外部に漏えいすると、
機密情報の漏えい、と騒がれませんか。

2.お客さまの情報が含まれていませんか。

メールソフトの受信ファイル、送信ファイル、住所録などの情報には、
相手のメールアドレス、電話番号、勤務先名などが含まれていますね。

この情報が外部に漏えいすると、
個人情報の漏えい、と騒がれませんか。

3.ネットバンキング、ネットトレーディングを利用していませんか。

ファイルのどこかに、
金融機関、証券会社のネットシステムを利用するための、
ID、パスワード、暗証記号(特別なパスワード)、利用中のクレジットカード番号
などの情報が保存されていませんか。

トロイの木馬型ウイルスは、
これらの情報を集めるのが得意です。

潜伏期間は、情報収集。
そして
X-day を迎えると、
インターネット上の指定された場所に、
それらの情報を送り出すのです。

だから、
パソコンのハードディスは、
一斉にスキャンして、怪しげなプログラムが潜んでいないが
チェックする必要があるのです。

この基本的な作業を怠ると、
あなたのパソコンは、ウイルス保管場所として、
ほかに人にも攻撃を仕掛けるような
悪意のあるプログラムの保菌庫になりかねません。

くれぐれもご用心!

自衛対策は、このような基本作業から始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です