ワームとトロイの木馬ウイルスによって発生する現象

ウイルス感染は、
電子メール メッセージを経由する場合が多かったのです。

添付ファイルにウイルス付ファイルを用意する
リンク先に悪意のサイトへ誘導するような「仕掛けをしくむ

最近は、特定のWebサイトにアクセスしただけで感染する、
というタイプのものもあります。

つまり、サイト自体が感染しているので、
アクセスしただけで、そのウイルスが映ってしまうのです。

本当に、病原菌のウイルスそっくりに作られています。

その結果、
ワームとトロイの木馬ウイルスに感染し、
パソコンが理湯できないような場面を引き起こします。

マイクロソフト社の公式サイトでは、
次のような現象が発生すると表示しています。

コンピューター ウイルスが電子メール メッセージに感染、
またはコンピューターの他のファイルに感染した場合、
以下の現象が発生することがあります。

感染したファイルがそれ自体のコピーを作成することがあります。

この動作により、ハード ディスクの空き容量が不足することがあります。

感染したファイルのコピーが
電子メール アドレス一覧のすべてのアドレス宛てに送信されることがあります。

コンピューター ウイルスによってハード ディスクが再フォーマットされることがあります。
この動作により、ファイルやプログラムが削除されることがあります。

コンピューター ウイルスによって海賊版ソフトウェアなどの隠しプログラムがインストールされることがあります。
この海賊版ソフトウェアは、コンピューターから配布、販売されることがあります。

コンピューター ウイルスによってセキュリティが低下することがあります。
その結果、侵入者がコンピューターやネットワークにリモート アクセスできるようになることがあります。

見知らぬファイルが添付された電子メール メッセージを受信します。
添付ファイルを開くと、ダイアログ ボックスが表示されるか、システムのパフォーマンスが突然低下します。

送信した覚えのないファイルが添付された電子メール メッセージが他のユーザーに送信されています。
電子メール メッセージに添付されたファイルの拡張子は、.exe、.bat、.scr、および .vbs などです。

これらの表現も、
専門家向けといったほうがいいでしょう。

一般のパソコン利用者は、
これらの用語を理解しなくても、パソコンを利用できるほどに、
パソコン自体が普及し、
家電製品のように多く利用されるようになったわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です