身代金要求ウイルス急増

「身代金要求ウイルス」が急増しているようです。

身代金要求ウイルスは、公的機関などの権威を騙り、
「罰金」といる名前のお金をだまし取る手口です。

「身代金」という意味の英語、ransom から、
ランサムウェアとも言われます。

罰金や税務署、金融庁とか、公的機関の名前には弱いものです。
また、一般的には、なじみもないため、
実在しない公的機関らしき名前にも、だまされてしまいます。

そこで、
この身代金要求型ウィルスに感染すると、
公的機関と名乗る名前のついた発信者から、

「違法行為に対して処罰する」
「48時間以内に罰金を支払わなければ画面ロックします」
などの警告画面が表示されます。

再起動すると消えるものもあり、
実際に再起動するだけでは、同じ画面がでてパソコンが操作不能になる
という場合もあるようです。

そんな画面がでてきて、
公的機関の名前や、罰金表示が画面に並んだら、
「早く罰金を払わなきゃ!!」
と勘違いして、パニックになってしまうかもしれませんね。

そんな人の弱みが狙われているのです。

万一、罰金といる名のお金を払ったとしても、
誰が、パソコンを修復してくれるのでしょう。

冷静に、
ウイルス感染の状況にあることを、
よく考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です