NAVERアカウントへの外部からの不正アクセス

先月、著名なNAVERアカウントへ、外部者が不正アクセスして、
ユーザーIDとメールアドレスおよびハッシュ化されたパスワードが流出した可能性がある、
との報道がありました。

ワードプレスへの攻撃と同じように、
不正アクセスは、いろいろなサイトへの攻撃として広がっているようです。

先週末に、その「NAVERアカウント」に対する不正アクセスを行ったとして、
日本国外の人物が特定され、データが削除されたようです。

不正アクセスの調査、容疑者の特定、
現地警察と連携した不正アクセス(犯罪)としての捜査は、
驚くほど早い、と思います。

このサイトで紹介しているような、
個別の攻撃者の国籍や、攻撃手法については、
ログで判明するかぎりで情報提供しようとしていますが、
ひとつ、
大きな違いがあります。

それは、
不正アクセスされたか(実際に侵入されたか)どうか。
ということです。

当サイトの情報では、
不正アクセスの兆候は把握できますが、
実際に侵入されたわけではないので、
警察など、捜査当局への通報や相談は、難しいと思われるからです。

しかし、
不正を働く可能性のある情報として、
今後も元気を出して、情報提供する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です