ブルートフォースアタックの攻撃パターン

以前は、次に示すように、
ひとつのIPアドレスから、個別攻撃を受ける場合が多かったのです。

single-attack

時間ごとに、
1回ずつアクセスしては
諦めて戻っていく様子がわかります。

サイトをロックしている間は、
アクセスできませんので、
ロック解除されたことに再びやってきてサイド攻撃する。

これが、最近は、
仲間を連れてきて、というか、
複数のIPアドレスから同時に攻撃を受けます。

signup-attack

まさに、DOS攻撃、DDOS攻撃の状況です。

どちらがパワフルかは、いうまでもないでしょう。

あまりにサーバーへの負担をかけるようであると、
サーバー管理会社からも、公開ストップのような
処分を受けることにもなりかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です