ネットバンキングも攻撃対象

ネットバンキングを狙ったウイルスは、
パソコンを使用して、
振り込み手続などの処理をする人に、
 「偽の画面」(本物そっくりのフィッシング画面)
を表示して、
 口座の番号、ID、パスワード、
さらに、
 ネット決済に使用する
  確認番号(特別な「暗証番号)

を入力させます。

この新たが手口が流行の兆しです。

パソコンを利用するネットバンキングは、
便利ですが、
このような
偽物に騙されるリスクが急速に高まっています。

いつもと違うな、
と感じたら、要注意です。

三菱東京UFJダイレクトによると、

インターネットバンキングログイン直後に、
ポップアップ画面(画面の上に、小さな入力画面)が現れ、
契約カード裏面の「確認番号表(乱数表)の数字すべて」
を入力させるようです。

これらは、
偽の画面を表示するウィルスの仕業ですので、
騙されないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です