ブルートフォースアタック ハンガリーのアタッカーは熱心?

私が管理するサイト、7箇所ものサイトに、

ブルートフォースアタックを仕掛けている、

ハンガリーのアタッカーは熱心なのでしょうか?

暇なのでしょうか?

それとも、たまたまでしょうか?

同一サイトを、

ロックアウトされた時間を経過して、

再度アタックを仕掛ける、

というのは、意図的な行為のように思えます。

同じ、ハンガリー国内で管理されているIPアドレスが、

ロックされた(狙ったサイトに一定時間アクセスできなくなった)

というメッセージが、同一サイトに複数回、記録されています。

このように、

私が管理するサイトを攻撃した人(IPアドレス)は、

当分の間、保管しておきますので、

万一、重大な事件に発展する場合には、

アタックの証拠として提供できます。

ブルートフォースアッタカーの攻撃手法は、

単純です。

要するに、手当たりしだい。

ただし、

今回は、ワードプレスを使用して、

管理者名が”Admin”のように、

初期値のまま運用しているサイトが狙われています。

彼らも、手作業ではありませんから、

目の前にある獲物を手当たりしだいに、

というわけです。

このサイトで、

この1週間ほど、

ずっと情報掲載しているのも、

私自身が管理するサイトからの情報です。

普通のBlogなので、

特にそう多くのアクセスが有るわけではありません。

しかし、

異なるレンタルサーバーの上に、

複数のサイトを構築、運用していますので、

今、何が起きているか、

自分のサイトからの管理情報で、

ある程度把握することができます。

今回のブルートフォースアッタカーの攻撃は、

確かに、ロリポップサーバー上で運用するサイトから

始まりました。

サイトロック情報です。

毎日のように報告されましたが、

ここに掲載、紹介したのは、

その一部です。

でも、

ハンガリーのアタッカーは、

熱心でしたよ。

その前に、

あなたのサイト、安全管理、

ハッキング対策は、大丈夫ですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です