迷惑メール発信者を追跡する

迷惑メールを発信している人を突き止めたい、
一体誰が、繰り返し、このような迷惑行為をしているんだ。

そう思いませんか。

最近話題になった、
誤認逮捕では、
IPアドレスという、
パソコンに割り振られている固有の番号が、
発信しているパソコンが突き止められています。

ここまでは、手続としては正しいのです。

遠隔操作ウイルスに操られていたとはいっても、
そのパソコン経由でメッセージが発信されていたのですから。

所管の警察署では、
そのパソコンの所有者を脅迫行為を行った容疑者としたわけです。

同様に、
メールを配信する場合には、
発信者のメールアドレスが必要です。

そのメールアドレスは、
メールアドレスの管理者によって発番されていますので、

そのメールアドレスの管理者を突き止めればいいわけです。

迷惑メール発信者を追跡する方法

メールの発信者はメールアドレスで特定できます。
そのメールアドレスは、メールアドレスのドメイン部分で確認できます。

Who is 検索

Who is 検索 をご存知でしょうか。

最近迷惑メールを発信している例を追跡してみます。

 Who is (調べたいドメイン名)

と検索窓に入力すると、次のような画面が出てきます。

whois SPAM 検索事例

この発信者は、
ドメインの管理会社(お名前)から、
迷惑行為用に10個の類似ドメインを購入していることがわかります。

このドメイン会社は、
この夏、ひとつのドメインを
180円で販売するキャンペーンを行っていました。

そのドメインを10個確保したものと思われます。
10個もドメインを用意していることは、計画的な犯行です。
意図的な迷惑行為です。

最初のアドレスで、ブロック(受信拒否)されたら、
別のアドレスに変更する。
ドメイン単位でブロック(受信拒否)されたら、
ひとつのドメインで、複数のメールアドレスを作成できます。

次のアドレスに変更して、さらに迷惑メールを送りつける。
これを10回繰り返し出来るわけです。

作成できるメールアドレスは無限に近いわけです。

登録された名前が本人なのか、
誤認逮捕の事件もありましたので、
偽名かもしれず、他人の名前をか合っている可能性もあります。

しかしながら、
ドメインの管理会社が犯人特定に協力すれば、
ドメインの取得に利用した、
クレジットカードや本人が登録した住所氏名は確認できるわけです。

このように、
迷惑行為で、10個ものメールアドレスを使い分けながら、
連続して悪質行為をしている場合でも、
複数の情報を組み合わせると、
すくなくとも迷惑行為に使用されたメールアドレスと名前は確認できます。

特定電子メール法でいう、
不特定多数に営業目的のメールを送りつけていることに違いはありません。

しかし、出会い系サイトやアダルトサイトへの誘導は、
もっと厳しく取り締まる必要があるのではないでしょうか。

迷惑メールの送信についても、
ウイルス作成、配布と同じように、
刑法で処罰することができるようになると、
少しは減るのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です