SNSの安全な歩き方~セキュリティとプライバシーの課題と対策~

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)より、
報告書「SNSの安全な歩き方~セキュリティとプライバシーの課題と対策~
が公開されました。

この報告書のまとめを担当したメンバーは、
IT企業各社から構成されるSNSセキュリティワーキンググループです。

SNSの概要とビジネスモデルを解説した内容で、
SNSに関するセキュリティとプライバシーの問題、
例えば、
・プライバシーにかかわる問題が起こりやすいSNS
・詐欺行為やアカウント乗っ取りなどのサイバー犯罪、
・不適切な発言
といった問題などについて触れています。

最後の「むすび」に、
「SNSを安全に歩くための10項目」が紹介されていますので、
引用して転載します。

【SNSを安全に歩くための10項目】
 (JNSA SNSセキュリティワーキンググループ「SNSの安全な歩き方」による)

1. 常に公開・引用・記録されることを意識して利用する

2. 複雑なパスワードを利用し、セキュリティを高める設定を利用する

3. 公開範囲を設定し、不必要な露出を避ける

4. 知らない人とむやみに“友達”にならない、知っている人でも真正の確認をする

5. “友達”に迷惑をかけない設定を行う

6. “友達”から削除は慎重に、制限リストなどの利用も考慮する

7. 写真の位置情報やチェックインなど、技術的なリスクを理解し正しく利用する

8. むやみに“友達”のタグ付けや投稿を行わない

9. 対策ソフトを利用し、危険なサイトを利用するリスクを低減する

10. 企業などの組織においては、SNSガイドラインを策定し遵守する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です