BYODの現状と特性 (JSSEC、2012.11.19)

一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)では、
先に公開されている
『スマートフォン&タブレットの業務利用に関するセキュリティガイドライン』【第一版】
を補足する資料として、『BYODの現状と特性』という資料を公開しました。
  →同協会のサイトから見つけにくいので、当方で調べたURLをつけてリンクさせています。
   レポート名で検索するとヒットします。

『スマートフォン&タブレットの業務利用に関するセキュリティガイドライン』
【第一版】は、2011年12月1日に発行されています。

スマートフォンを利用するときに、企業や組織が注意しなかればならないことは、

  BYOD(Bring your own device)

と呼ばれる利用形態です。

ポケットやカバンに手軽にいれて、
それこそ携帯する機器は、
もはや私用機器の持ち込みを制限する管理手法では、不可能でしょう。

つい、うっかりは避けられないからです。

そこで、『BYODの現状と特性 ~あなたの組織はどのパターンですか~』が追加され、
セキュリティ上の脅威と対策を明確化した資料です。

個人が所有するスマートフォンを業務で利用する場合に、
現状を把握して、実効性のある対応を検討する必要があります。

企業だけでなく、
官公庁や自治体、学校でも、
BYODへの方針と対策を考えておく時期です。

これだけオープンになって認知度が高まると、
何もやっていないと、管理責任が問われるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です