パソコン遠隔操作事件に利用されたボット

パソコンを遠隔操作して、脅迫メールを送りつけるという現状に対し、
誤認逮捕の側面が強調されて報道されています。

セキュリティの観点では、誤認逮捕された人権問題も重要ですが、
はやく、その原因となった遠隔操作に利用された拠点や
関連サーバの特定を急がないと、
今後も類似の事件が発生してしまいます。

どうもボットネットが利用されているために、
追跡や解析が難しいため、こうも時間がかかっているように思えます。

報道では、
以前から存在していた遠隔操作ウイルス、
というのは、
ボットあるいは、より感染範囲や影響の大きいボットネットが利用されているようです。

ボットネットなら、もともと発見されたいように武装したウイルスの一種です。

この原因解明は、そう簡単にいかない。
困ったものです。

「パソコン遠隔操作事件に利用されたボット」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です